現実との衝突を余儀なくされる電気自動車

Pocket

カリフォルニア州のエネルギー政策は混乱しています。表向きはCO2削減を掲げていますが、主要な原子力発電所は閉鎖されています。また、風力や太陽光発電に多額の投資をしていますが、これらの技術で発電できるのはごくわずかなので、カリフォルニア州が表向き敬遠している信頼できる電源で発電された電気を他州から輸入して、電気を供給しています。

そして、電気自動車です。現在、アメリカで走っている自動車のうち、電気自動車の割合は2%にも満たないといいます。カリフォルニア州ではもう少し高いかもしれませんが、それでもごくわずかです。しかし、カリフォルニア州では、2035年からガソリン車の走行を禁止する法律が制定されています。今後14年間で、このような自動車の移行をサポートするインフラをどこから調達するかは誰にもわかりません。

一方で、カリフォルニア州の送電網は非常に不十分で、すでに走っているわずかな数の電気自動車を効果的に充電することができません。ニューズウィークの報道によると

先週のカリフォルニアの猛暑で気温が3桁に達したとき、カリフォルニア州の電力網運営会社は、住民に対して、エネルギー使用量がピークに達する前に電気自動車を充電することで、電力網の圧力を軽減するよう呼びかけました。
***
“カリフォルニア州のツイッターアカウント「Flex Alert」は6月18日、「洗濯をするなら今がチャンス」と投稿しました。”今日の午後6時にフレックスアラートが始まる前に、主要な電気製品を使い、車や機器を充電することを忘れないでください。”

特に貧しい国や戦争で荒廃した第三世界の国々では、日中に断続的にしか電気が使えないという特徴があります。カリフォルニア、第三世界へようこそ。

カリフォルニア州エネルギー委員会の交通担当主任委員であるパティ・モナハン氏は先月、ニューズウィーク誌に対し、カリフォルニア州民が電気自動車の充電に選ぶ時間帯は、電気自動車への依存度が高まる中で電力網のバランスを保つ上で重要になると語っています。
***
米国国立再生可能エネルギー研究所の研究員であるマシュー・モニオは、ニューズウィーク誌のインタビューに応じ、電気自動車の所有者は現在、主に夜間に充電しているが、エネルギー生産量が多い間に多くのドライバーが充電するように変更しなければならないだろうと語った。

電気自動車のオーナーが夜間に充電するのには理由があります。それは、車を運転していない時間帯だからです。夜間は太陽が出ず、風も弱くなるため、問題が発生します。EVが走行中の車の2%では問題解決になりませんし、仮に100%になったとしても問題はありません。

太陽光や風力への依存度が高まると、「現在は夜間に充電しているものを、発電量が多い昼間にどれだけ移動させることができるか」という「厄介な問題」が出てくるとモニオは言います。

“重要なのは柔軟性です」とモニオは言います。

確かに、夜に車を運転して、昼間に充電するのもいいですね。

“グリーンエネルギー政策は、どこで実施されても大失敗ですが、カリフォルニア州は、グリーンエネルギー政策を実施している他の州よりも先に、クラッシュして燃え尽きるでしょう。

(POWER LINE)

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください