!?習近平氏国賓来日調整?中国トップ晩餐会での演説!?

Pocket

はじめに

習近平氏の国賓来日を調整しているという菅官房長官の話が出ていた。中国のトップが、正式の晩餐会でどのような演説をしてきたのか、簡単に取り上げてみたい。

近いところで思い出すのが、習近平氏が英国を訪問した時に、行った演説で、英国とは無関係と思える、「抗日」や「日本の残虐性」を強調したという事案があった。

習近平氏、英国議会演説&公式晩餐会で

産経新聞から:英国訪問中の中国の習近平国家主席は20日、中国の指導者として初めて行った英議会の演説に続き、公式晩餐(ばんさん)会のあいさつでも第二次大戦における「日本の残虐性」に言及した。習氏はドイツや韓国など他の訪問先でも歴史問題で日本を批判しており、英国でも中国の抗日史観を繰り返して暗に同調を求めた形だ。

習氏は議会演説でまず、「今回の訪問が中英関係を新たな段階に引き上げることになるだろう」と述べた。その上で第二次大戦にふれ、英国は軍備や医薬品を提供して「抗日戦争に協力した」と述べ、「世界正義に尽力した人たちの歴史は忘れられることはない」と強調した。

11分弱の演説時間のうち、習氏が口にした国名は英中両国以外では唯一、日本だけだった。

さらに習氏は、「人民のための政治や法による統治という概念は、古代中国で誕生した」と述べた。英紙は「習氏は、英国による民主主義の講義を受けるつもりはないとの強い姿勢を示した」と伝えた。

次いで、バッキンガム宮殿で行われた公式晩餐会で習氏は、主催者のエリザベス女王と赤いドレスをまとったキャサリン妃の間に着席した。女王は、国連安全保障理事会常任理事国である英中両国が「世界的なパートナー」として「世界の安全と繁栄に対して協力する責任がある」と語った。

英紙の報道によると、この後、わずか数分間のあいさつで、習氏は再び第二次大戦の話を持ち出し、「日本の残虐性」について報じた英国人ジャーナリストを取り上げ、両国国民は第二次大戦で「正義のために助け合い、日本の侵略に抗してともに戦った」と強調したという。

中国の人権問題に批判的なチャールズ皇太子は公式晩餐会を欠席した。

江沢民氏、宮中晩餐会で

平成10年(1998年)11月26日の宮中晩餐会で、国賓として来日した中国の江沢民国家主席(当時)夫妻を歓迎する天皇・皇后両陛下主催の宮中晩餐会が、「豊明殿」で約150人が出席して開かれた。この席で陛下は、「貴国と我が国が今後とも互いに手を携えて、直面する課題の解決に力を尽くし、地球環境の改善、人類の福祉、世界の平和のため、貢献できる存在であり続けていくことを切に希望しています」と歓迎の辞を述べられた。

これに対し、中山服(人民服)という平服姿で臨席した江沢民は、「日本軍国主義は対外侵略拡張の誤った道を歩み、中国人民とアジアの他の国々の人民に大きな災難をもたらし、日本人民も深くその害を受けました。『前事を忘れず、後事の戒めとする』と言います。われわれは痛ましい歴史の教訓を永遠にくみ取らなければなりません」と、仏頂面で答礼を返したのである。

日本国の象徴である天皇の前で、相手国の元首が取る言動ではない。

江沢民氏、小渕首相主催の晩餐会で

江沢民は、翌27日の小渕首相(当時)主催の晩餐会でも「前世紀末から日本軍国主義がいく度も中国を侵略する戦争を起こし中国人民に巨大な損害をもたらした。歴史を教訓とし悲劇の再発を防止してこそ、友好を発展させることができる」という答礼を返している。

小渕首相は江沢民との首脳会談で、「三つのノー」や「日米安保条約から台湾条項をはずす」ことを共同声明に入れるという中国の要求を拒否した。「過去に対する中国への謝罪」を共同声明に入れることも拒否し、口頭での謝罪にとどめた。

政府開発援助(ODA)も、それまでの「5、6年ごとに総枠を決める」というやり方から、他の国と同様に「1年ごとに額を決める」方式に変更し、金額も減らすことで合意した。これらに怒った江沢民は、3900億円もの援助を獲得していながら、共同声明に対する署名を拒否したのである。

まとめ

仮に、習近平氏が来日した場合も、公式晩餐会などで行われる演説は、こうした内容になる可能性は十分にあり得る。武漢発新型コロナウイルスの感染拡大、パンデミックのために、一旦中止となった国賓来日を、日本政府は、どういう了見で、頑なに進めようとしているのか到底理解できない。即刻中止すべきである。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください