北朝鮮金正恩氏、重体か?CNN

Pocket

米CNNは、20日、米情報当局者の話として、北朝鮮の金正恩(36歳)朝鮮労働党委員長が心臓の手術を受けた後、重体に陥っているとの情報があると伝えました。金正恩氏の心臓血管手術は、4月12日に行われた模様です。

金正恩氏は、肥満、ヘビ―スモーカー、多忙などのために、従来から健康状態に懸念があるといわれていました。また、昨年の8月から、心臓障害に悩んでいたようです。

昨年、メディアでは、「朝鮮民族の揺り籠」であると多くの人が信じている白頭山に、白馬で登っている金正恩氏の姿が見られましたが、それが健康の悪化につながったという話も出ています。

今月11日を最後に、金正恩氏の動静が確認されておらず、15日の故・金日成主席の誕生日にあたる「太陽節」にも姿を見せなかったため、健康状態などに関し臆測が広がっていました。

韓国政府は、事実の確認を取っているということです。

 

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください