自動車購入者が気候変動のメッセージを無視する中、SUVが世界を征服しつつある

Pocket

自動車購入者にSUVが人気があることは、世界の温室効果ガス排出量の約15%を占める世界の輸送部門からの排出量を抑制しようとする取り組みにとって問題となっている。

昨年、米国では初めて、SUVが販売された全車両の半分または半分強を占めた。他の国(中国、欧州)も、米国に追いつきつつある。小型車の年間平均燃費向上率は、ここ数年で約1.3%にまで鈍化している。それ以前の数年間では、年間約2%だったものが、近年では約1.3%にまで低下している。

SUV は、一般的に乗用車の原型であるセダンに比べて、燃費が約 15~30% 低い。自動車メーカーは、セダンよりもSUVの方が、販売台数当たりの利益が大きいため、消費者に大型車を選ぶように促す強いインセンティブを持っている。

より多くの購入者に買ってもらうために、自動車会社は、セダンや他の乗用車よりも、SUVの新しい選択肢をより多く導入してきた。アナリストによると、「ユーティリティカーは乗用車よりも実用性が高く、米国の消費者は日常的な運転や通勤のニーズよりも、時々の使用ニーズに基づいて車を選ぶ傾向がある」という。セダンが支配していた時期もあったが、ユーティリティー・ビークルは、人や物をより簡単に移動させることができる。”

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください